カテゴリー「● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」の21件の記事

2019年3月10日 (日)

土塀の薦(こも)外し(3月9日)、城下町に春の訪れ! 長町武家屋敷跡、兼六園の雪吊り取り外し、金沢市、石川県(2019.3.10)

 金沢は昨日〈3月9日)、気温が4月上旬並みの15.2℃となり、長町武家屋敷跡(金沢市)では、冬の間、土塀の付着した雪による土の剥がれや土塀に浸透した水分の氷結による損傷を防いだ薦(こも)を取り外す作業が始まった。

 総延長約1.1kmの土塀の下半分に、約500枚(一枚が縦95cm、幅3.6m)の薦がつるされており(冬用の前掛け!)、10日までに外される。この日は造園業者や金沢職人大学校の実習生ら約40人が、薦をつるす縄をはさみで手際よく切り、次々とリヤカーに載せて回収した。

 県造園業協同組合の吉村務理事長(74)によると、暖冬だった今年は雪が少なく、薦や土塀に痛みはほとんど見られなかった。

201939_7

土塀を守ってきた薦を取り外す職人、長町武家屋敷跡、金沢市、石川県、北国新聞、2019.3.9

(動画) TBS NEWS、3月9日 11時20分

 〇 城下町に春の訪れ、金沢市の武家屋敷跡で薦外し:tttps://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3618077.html

(Link)
 
〇 冬を迎える風物詩、兼六園の雪吊り(ゆきづり)、武家屋敷の土塀の薦掛け(こもかけ)、とは(2010.12.6):
 http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/2010126-4626.html#comments

(追加資料)

 〇 兼六園で「雪吊り」取り外し 庭師ら手際よく縄切り  2019.3.15

 金沢市の兼六園で3月15日、冬の風物詩「雪吊り」の取り外しが始まった。園内の800ヵ所以上で松や桜、ツツジなどが3月22日までに春向けの衣替えを済ませる。

                  
2019315_3

青空が広がる中、雪吊りの縄や芯柱を取り外す庭師たち、兼六園、金沢市、石川県

 専属の庭師ら12人が、樹齢約210年で高さ8mの「巣ごもり松」から作業を始めた。はしごに登り、芯柱の上端から笠のように広がる縄を手際よく切り離していった。今冬は雪が少なく、枝折れなど樹木への被害はなかったという。(北陸中日新聞、2019.3.16)

2019年2月 5日 (火)

春一番、2月4日(立春!)、全国に先駆け北陸で吹く、昨年より10日早い!金沢地方気象台、兼六園のマンサク咲く! 金沢市、石川県、とは(2019.2.5) 

 昨日2月4日(立春!)、金沢地方気象台は、全国に先駆けて北陸で、春一番が吹いたと発表した。春一番は、立春から春分の間に初めて吹く南寄りの強い風で、昨年より10日早かった。1999年(平成11年)以降、2013年(平成25年)2月7日が次いで早かった。

 日本海で低気圧が発達し、東北東へ進んだため、北陸地方でやや強い南風が吹いた。
金沢では午前1時に、最高気温18.5℃、最大瞬間風速22.8m/s(西南西)、同2時に14.3m/s(南西)を観測した。また、午前4時までに、新潟:17.8m/s(西)、12.9℃、富山:18.3m/s(南)、14.0℃、福井:13.2m/s(西南西)、13.8℃を観測した。

 気象台によると、春一番の基準は地方によって異なる。が、北陸では立春から春分までに新潟、富山、金沢、福井のうち1地点で南寄り(東南東~西南西)の風が10m/s(毎秒)以上、最高気温が前日より高いか、ほぼ同じになることを条件としている。

201924

北陸地方で春一番が吹きました!日本気象協会:https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/02/04/3522.html

(動画)

今日は「立春」北陸”最も早い”春一番(日テレNEWS、2019.2.4):
http://www.news24.jp/articles/2019/02/04/07416047.html

-

201924_2

立春の朝、水滴をしたたらせて咲き始めたマンサク、兼六園、金沢市、石川県、北陸中日新聞、2019.2.4

 兼六園では黄色いマンサクの花が咲き始め、友人と散策していた東京都の主婦、永井由美子さん(70)は「思ったより暖かく、雪景色が見られなくて残念だったけれど、マンサクがきれいで良かった」と話した。(北陸中日新聞、2019.2.5)

(Link)

 〇 春一番、金沢(2月14日)、金沢地方気象台、露場、県民の杜、雪道沿いのマンサクの開花、とは(2018.2.19): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/214-558b.html

 

2018年11月25日 (日)

,カニカニまつり(11月23日)、金沢港いきいき魚市、雄のズワイガニ、雌の香箱ガニ、金沢市、石川県、とは(2018.11.25)

 カニカニまつりが11月23日、金沢港いきいき魚市(金沢市無量寺町)で3日間の日程で始まった。 石川県内で水揚げされた、ズワイガニの雄やその半分ほどの雌の香箱ガニが、 所狭しと並び、潮の香りが漂う。大勢の買い物客でごった返す中 「いかがですか」「食べごろサイズですよ」と威勢のいい声が飛び 交った。

  価格はズワイガニが3000~20000円、香箱ガニは500~2000円ほどで特売する。 24日午前10時半からは、金沢港産地販売協同組合が1500食限定 で1杯200円の特製カニ鍋を提供する。営業は午前9時~午後4時。

Pk20181124021

カニを求める来場者でにぎわう市場、金沢港いきいき魚市、無量寺町、金沢市、石川県、 北陸中日新聞、2018.11.24

金沢港いきいき魚市(ホームページ、無量寺町、金沢市): http://www.ikiiki.or.jp/

冬の味覚の王者、越前がに漁解禁 、福井新聞社、2018.11.6

(解説) 福井県が誇る冬の味覚の王様、越前がにの漁が11月6日解禁された。解禁時刻の6日午前0時に向け、坂井市三国町や越前町から漁船が出港。日付が変わると一斉に漁を開始した。福井県越前町大樟の越前漁港では同日午前9時ごろから、漁を終えた漁船が帰港。新鮮な越前がにが次々と水揚げされ、港は待望のシーズン到来に一気に活気づいた。

ズワイガニ(食材図鑑、八面六臂株式会社):https://hachimenroppi.com/topics/wiki/details/zuwaigani

香箱ガニ(JFいしかわ): http://www.ikgyoren.jf-net.ne.jp/fish/kbkgani.html

(Link)

 〇 松葉ガニにまつわる歴史伝承、ズワイガニ(雄の松葉ガニと雌の香箱ガニ)の解禁、 江戸時代、因幡鳥取藩主(鳥取)から美作津山藩主(岡山)へのお歳暮、 松葉ガニ、とは(2010.11.6): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/2010116-cb90.html

  〇 サイエンス(科学)から眺める歴史散歩の話題(加能ガニ、 ズワイガニとも、 いきいき魚市、金沢港、大図解(日本の魚、誤嚥性肺炎)、とは2012.12.1.): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/309.html

2018年6月28日 (木)

梅雨の合間、秋の七草咲く、金沢(6月28日)、県民の杜、オミナエシの花が咲き、ススキの穂が出ている風景、とは(2018.6.28)

 今日(6月28日)金沢は、気温23~29℃、梅雨の合間、いつものように、近くの県民の杜を散策すると、秋の七草、キキョウとハギに次いで、オミナエシの花とススキの穂が目に付き、知らぬ間の移ろいゆく自然の姿に驚きました。

〇 オミナエシ

P6287963

P6287966

P6287975

P6287978

P6287960

オミナエシ(女郎花、オミナエシ科)、県民の杜、遊歩道沿い、県庁南側、金沢市鞍月 2018.6.28        

〇 ススキ

P6287985

P6287988

P6287996

P6287995

ススキ(芒、イネ科) 県民の杜、遊歩道沿い、県庁南側、金沢市鞍月 2018.6.28

(Link)

〇 秋の七草咲く、金沢〈6月21日)早くも夏至の季節に目に付くキキョウとハギの花咲く風景、とは(2018.6.25): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/6212018625-268a.html

2018年6月25日 (月)

秋の七草咲く、金沢〈6月21日)早くも夏至の季節に目に付くキキョウとハギの花咲く風景、とは(2018.6.25)

  夏至(6月21日)の金沢では、身近な自然には、早くも秋の七草が咲いています。なお、秋の七草は、すべて見て楽しむ花であり、現在では、野生種よりも園芸種が多い。

  秋の七草の開花時期は、キキョウ(アサガオとも、6~8月)、ハギ(6~10月)、ナデシコ(6~8月)、クズ(7~9月)、オミナエシ(7~10月)、ススキ(オバナとも、8~10月)、フジバカマ(8~10月)とされている。

 秋の季節は、太陽暦(新暦)は、9~11月頃、太陰暦(旧暦)は、7~9月頃なので、確かに、秋の七草が夏至の頃からでも咲くことになります!

〇 キキョウ

P6237883

P6237884

P6237882

P6237881

P6237894

キキョウ(桔梗、朝顔とも、キキョウ科)、県民の杜、遊歩道沿い、県庁南側、金沢市鞍月2018.6.21 ~6.25

〇 ハギ

P6237902

P6237908

P6237907

P6237911_2

P6237910

ヤマハギ(山萩、マメ科)、県民の杜、遊歩道沿い、県庁南側、金沢市鞍月2018.6.21 ~6.25

(Link) 

〇 地下道の心安らぐメロディー、県庁・中央病院前、真夏の秋の七草、県民の杜と市街地周辺、とは(2016.7.28): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/2016728-8787.html

2018年6月14日 (木)

梅雨入り、心が癒される園芸、金沢(6月14日)、初夏を飾る寄せ植え花壇とスタンディング、鞍月セントラルパークの風景、とは(2018.6.14)

 今日(6月14日)金沢は、気温15~23℃、梅雨入り4日ぶり好天に恵まれ、いつものように、鞍月セントラルパーク(県庁南側)に足を運びました。 

 そこには梅雨入り、心が癒される園芸、いしかわ緑と花の会の創作、初夏を飾る寄せ植え花壇とスタンディングが目に留まり、その風景をデジカメに収めました。 

〇 スタンディング

P6137807_2

P6137809

P6137785

スタンディング 

ビオラ(スミレ科)、ゼラニューム(フウロソウ科) 

いしかわ緑と花の会、金沢市鞍月、2018.6.14 

いしかわ緑と花の会(いしかわ緑の広場-ボランティア活動、中央公園花壇管理、石川県土木部公園緑地課内): http://www.ishikawa-midori.jp/volunteer/2728/

〇 寄せ植え

寄せ植え 

シロタエギク(キク科)、ビオラ(スミレ科)、ノースボール(キク科)、ゼラニューム(フウロソウ科、カリエンテファイヤーとも)、マリーゴールド(キク科)、ジュリアン(サクラソウ科、プリムラジュリアンとも)、アリッサム(アブラナ科)

〇 シロタエギク

P6137733

〇 ビオラ

P6137818

P6137820

P6137798

P6137816

〇 ノースボール

P6137793

〇 ゼラニューム(カリエンテファイヤーとも)

P6137743

 マリーゴールド

P6137768

P6137772

〇 ジュリアン(プリムラジュリアンとも)

P6137739

〇 アリッサム

P6137788

P6137811

P6137837

初夏を飾る寄せ植え花壇とスタンディング、いしかわ緑と花の会、金沢市鞍月、2018.6.14

(Link)
 〇 初夏の草花、金沢(5月15日)、鞍月セントラクパーク遊歩道沿い花壇の
寄せ植えとスタンディング、鞍月生活道路歩道沿いのアヤメの青紫花、ヒメジョオン、シラン、ツツジ、とは(2018.5.16): 
http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/5152018516-d64a.html

(追加説明) 園芸、花壇の草花の原産地

〇 シロタエギク(白妙菊、キク科、ダスティミラーとも)、地中海沿岸原産、多年草

〇 ビオラ(スミレ科、三色スミレとも)、ヨーロッパ、西アジア原産、パンジーの小輪多花性種、花径が5㎝以上がパンジー、4㎝以下がビオラ、園芸品種

〇 ノースボール(キク科、クリサンセマムとも)、北アフリカ原産

〇 アリッサム(アブラナ科、ニワナズナとも)、地中海沿岸原産

〇 ゼラニウム(フウロソウ科、テンジクアオイとも)、南アフリカ原産

〇 マリーゴールド(キク科、クジャクソウとも)、メキシコ、中米(一部アフリカ)原産

〇 ジュリアン(サクラソウ科、プリムラジュリアンとも)、中国、ヨーロッパ原産

2018年6月12日 (火)

梅雨入り、風変わりな草花、金沢(6月12日)、路傍の風変わりな帰化植物、 ワルナスビ、キキョウソウ、県民の杜のホタルブクロの花咲く風景、 とは(2018.6.12)

 気象庁は10日、北陸地方は梅雨入りしたと見られると発表した。平年より2日早く、昨年より15日早い。この日、石川県内は気圧の谷のの影響で雲り、一部地域では時折弱い雨が降った。

 今日(6月12日)金沢は、小雨もよう、気温19~21℃でしたが、いつものように、近くの鞍月周辺を散策中、ふと目にした、路傍の風変わりな帰化植物、ワルナスビ、キキョウソウ、県民の杜のホタルブクロの花咲く風景を紹介しました。
〇 ワルナスビ
P6127705

P6127708

P6127721

P6127723

ワルナスビ(悪茄子、ナス科)、淡紫色、北米原産(帰化植物)、路傍、歩道沿い草場、県庁南側、金沢市鞍月 2018.6.12

花や葉の形はナスに似ているが、葉や茎に鋭いとげがあり、この名がつけられた。
〇 キキョウソウ

P6127625

P6127633

P6127628

キキョウソウ(桔梗草、キキョウ科)、青紫色、北米原産(帰化植物)、路傍、歩道沿いツツジ生垣、県庁西側、金沢市鞍月 2018.6.12

葉のわきに1~2個の鮮やかな青紫の花が斜め上向きに開く。花は下から上方にだんだんと咲いていく。
〇 ホタルブクロ

P6127664

P6127679

P6127645 

 P6127655

ホタルブクロ(蛍袋、キキョウ科、チョウチンバナとも)、赤色、白色、北海道から九州に分布、県民の杜遊歩道沿い、県庁北側、金沢市鞍月 2018.6.12

 昔の子供が、花の中にホタルを入れて遊んだとの説と、花の形がチョウチンに似ているとの説が名の由来である。
 
(Link)
  〇 初夏の路傍の草花、年年歳歳花相似たり!可憐な帰化植物、キキョウソウ、ニワゼキショウ、ヒメジヨオン、ブタナ、マツバギク、カラー、カザグルマ、とは(2017.6.14):
http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-58ad.html

2018年6月 9日 (土)

アジサイ(紫陽花)咲く、金沢(6月9日)、新緑を彩るアジサイの花、とは(2018.6.9)

  今日(6月9日)金沢は、曇りから晴れ、気温は20~23℃、風が少し強かったが、昼前に1時間ほど、アジサイ(紫陽花)の花を求めて、近くの県民の杜に出かけました。  

 アジサイ(ユキノシタ科)は日本原産で、花姿には、額ぶち咲き(4弁の装飾花)と手まり咲き(全てが装飾花)があります。 手まり咲きは、額ぶち咲きの変種ですが、江戸時代の後期に広まり、アジサイといえば、この花を指すようになりました。 

 まず最初に、手まり咲きの青色のアジサイの花が目に飛び込んできました。よく観ると、額ぶち咲きの花と共に、青、紫、白、黄、ピンク、赤色と、多彩な花が咲き乱れ、、新緑に彩りを添えている風景が見られました。

〇 アジサイ 

手まり咲き

P6097423

P6097426

P6097429

P6097435

P6097419

手まり咲きアジサイ、県民の杜の歩道沿い、県庁西側、金沢市鞍月

額ぶち咲き

P6097500

P6097412

P6097494

P6097499

P6097491

額ぶち咲きアジサイ、県民の杜の歩道沿い、県庁南側、金沢市鞍月

手まり咲き、額ぶち咲き

P6097548

P6097550

P6097573

P6097563

P6097564

P6097560

P6097552

P6097554


P6097556

P6097559

P6097571

手まり咲き、額ぶち咲き、アジサイ、鞍月セントラルパーク歩道沿い、県庁東側、金沢市鞍月

(解説)アジサイ( 紫陽花は)、鑑賞花として庭園などに植える。梅雨の頃、花が球形に集まって咲く。花の色が白から青紫色、紅紫色と変わるので、俗に七変化ともいう。

 気象庁によると、北陸地方の梅雨入りは、6月10日とみられると発表した。平年より2日早く、昨年より15日早い。

 

(Link)
 〇 初夏の新緑の彩り(6月5日)、庭園のホタルブクロ、アジサイ、生垣のキンシバイ、サツキツツジ、用水岸辺のアオサギの毛繕いの光景、とは(2017.6.6): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/65201766-4870.html

 

2018年6月 7日 (木)

初夏の路傍の草花〈6月6日)、ほとんど雑草扱いの可憐な帰化植物、個性的な花姿のニワゼキショウ、マツバウンラン、ヘラオオバコ、ムラサキツユクサ、コバンソウ、ブタナ、とは(2018.6.7)

 昨日(6月6日)金沢は、曇り、気温19~24℃、晴れ間もあり、いつものように、心身の健康にも繋がるかと、県庁の西側、海側環状沿い遊歩道を散策しました。

 初夏の路傍の草花は、よく観ると、ほとんど雑草扱いの可憐な帰化植物であり、特に個性的な花姿のニワゼキショウ、マツバウンラン、
ヘラオオバコなどの花咲く光景を紹介しました。

〇 ニワゼキショウ

P6067237

P6067235

P6067276

ニワゼキショウ(庭石菖、アヤメ科、ナンキンアヤメとも)、多年草、北米原産、日本全土(帰化植物)、花は基部へいくほど色が濃くなる。

〇 マツバウンラン

P6067252

P6067255

P6067254

マツバウンラン(松葉海蘭、ゴマノハグサ科)、1年草、越年草、北米原産、本州から九州(帰化植物)、葉は細くて松葉状で、花は下から上に咲く。

〇 ヘラオオバコ

P6067300

P6067298

P6067304

ヘラオオバコ(箆大葉子、オオバコ科)、1年草、多年草、ヨーロッパ原産、日本全土(帰化植物)、葉が職人の使う箆(へら)に似る。

〇 海側環状遊歩道

P6067222

海側環状沿い遊歩道入口、県庁の西側、金沢市鞍月、2018.6.6

(Link)
 〇 初夏の路傍の草花、年年歳歳花相似たり!可憐な帰化植物、キキョウソウ、ニワゼキショウ、ヒメジヨオン、ブタナ、マツバギク、カラー、カザグルマ、とは(2017.6.14): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-58ad.html

(追加画像)

〇 ムラサキツユクサ

P6066982

P6066979

P6066978

ムラサキツユクサ(紫露草、ツユクサ科)、多年草、北米原産、日本全土(帰化植物)、青紫色の3枚の花びらが集まって、優雅に放射状に開く、県庁西側、鞍月駐車場沿い草地。

〇 コバンソウ

P6067117

P6067113

コバンソウ(小判草、イネ科、タワラムギとも)、ヨーロッパ原産、本州中部以南(帰化植物)、県庁南側、県工業試験場前草地、金沢市鞍月

〇 ブタナ

P6067136

P6067137

ブタナ(豚菜、キク科、タンポポモドキとも)、ヨーロッパ原産、日本全土(帰化植物)、県庁南側、県工業試験場前駐車場傍、金沢市鞍月

 

2018年6月 2日 (土)

夏の個性的な姿の草花、金沢〈6月1日)、シロバナキショウブ、ミヤマシャジン、アルストロメリア、ドクダミ、マツバギク、ホタルブクロ、ビヨウヤナギ、キンシバイ、キョウチクトウ、シモツケ、とは(2018.6.2)

 昨日(6月1日)金沢は、曇のち晴れ、気温16~21℃と、爽やかな一日でした。いつものように、心身の健康にも繋がるかと、鞍月県庁南側の県民の杜、海側環状西側の戸水地域を散策しました。
 
 そのとき特に目にした、初夏の個性的な姿の草花、シロバナキショウブ(アヤメ科)、ミヤマシャジン(キキョウ科)、アルストロメリア(ユリズイセン科)などの花咲く風景を紹介しました。
- 
〇 シロバナキショウブ
-
P6016665_2
-
P6016675
-
P6016672
-
シロバナキショウブ(白花黄菖蒲、アヤメ科)、水辺、湿地、鞍月県庁南側、県民の杜 2018.6.1
-
〇 ミヤマシャジン
-
P6016885
-
P6016884_2
-
P6016883_2
-
ミヤマシャジン(深山沙参、キキョウ科)、草地、海側環状西側、戸水地域、2018.6.1
-
〇 アルストロメリア
-
P6016920
-
P6016919
-
P6016916
-
アルストロメリア(百合水仙、ユリズイセン科)、草地、海側環状西側、戸水地域、2018.6.1
-
(Link)
 〇 初夏の水辺の花、金沢〈5月30日)、スイレン、キショウブ、ショウブ、とは(2018.5.31): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/5302018531-dcb9.html
-
(追加画像)
〇 ドクダミ
P6066997

P6066998

P6067391_2
ドクダミ(蕺草、ドクダミ科、ジュウヤク、ドクダメとも)、多年草、東アジア原産、本州から沖縄に分布、ユリノキの根回り、県庁西側、金沢市鞍月
〇 マツバギク
P6016762

P6016765

P6016759

マツバギク(松葉菊、ハマミズナ科)、多年草、南アフリカ原産、ケヤキの根回り、県庁南側、金沢市鞍月
〇 ホタルブクロ
P6067035

P6067039

P6067038
ホタルブクロ(蛍袋、キキョウ科)、多年草、北米原産、県民の杜庭園、県庁南側、金沢市鞍月
〇 ビヨウヤナギ
P6016753
P6016751
 
P6016750
ビヨウヤナギ(未央栁、オトギリソウ科)、耐寒性半常緑低木、中国原産、ベニバナトチノキの根回り、県庁東側、金沢市鞍月
〇 キンシバイ
P6097483

P6097486

P6097488
キンシバイ(金糸梅、オトギリソウ科)、中国原産、黄金色の梅に似た花が次から次へと開く。細い葉のヤナギへの見立てが名の由来である、県民の杜、県庁南側、金沢市鞍月

〇 キョウチクトウ

P6097581

P6097582

P6097576

キョウチクトウ(夾竹桃、キョウチクトウ科)、耐寒性常緑小高木、インド原産、
葉が竹のように細長く、桃のような花が咲く、これが名の由来、盛夏に次々と
花が開く、鞍月セントラルパーク、街路樹、金沢市鞍月

〇 ハナショウブ

P6097471

P6097473

P6097475

P6097478

P6097476

ハナショウブ(花菖蒲、アヤメ科)、水辺、湿地、鞍月県庁南側、県民の杜 2018.6.9

〇 シモツケ

P6097526

P6097527

P6097532

P6097530

シモツケ(下野、バラ科、コゴメザクラとも)、鞍月セントラルパーク、生垣、県庁東側、金沢市鞍月 2018.6.9

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

無料ブログはココログ