カテゴリー「● いしかわ(白山、白山麓の湧き水)」の9件の記事

2019年2月26日 (火)

神子清水、霊峰白山(2月24日)、春も間近に! 白山麓の雪が消えた田んぼ、河内遊休地の太陽光発電所、溢れ出る神子清水の光景、鳥越地域、白山市、石川県(2019.2.26)

 一昨日(2月24日)白山麓の能美市は、晴れ、気温2~11℃(体感-2℃)と寒い中、杉森地蔵水を汲みに行きました。が、大量のペットボトルに水汲む先客の姿が見えたので、すぐ近くに溢れ出ている神子清水を汲みに行きました。

 また、鳥越地域の河内の県道沿いを走行中、雪で真っ白な霊峰白山が目に飛び込んできました。が、白山麓の雪が消えた田んぼ、河内遊休地の太陽光発電所などが目に付き、春も間近に!と実感しました。 

〇 神子清水

P2242718

P2242731_2

P2242745

P2242730

P2242735

溢れ出る神子清水、鳥越地域、神子清水、白山市、石川県 2019.2.24

〇 霊峰白山

P2242679

P2242675

P2242684

P2242667

真っ白な霊峰白山、雪の消えた田んぼ、鳥越地域、河内、白山市、石川県 2019.2.24、

〇 白山鳥越太陽光発電所

P2242715

P2242713

P2242708

白山鳥越太陽光発電所、 河内遊休地、白山市、石川県、2019.2.24

(Link)

 〇 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月15日)、白山山麓の雪解け水、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2015.2.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/no2015124-321f.html

 〇 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/201631-c911-1.html

 〇 神子清水(みこしみず)(8月12日)、猛暑が続く中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.8.15): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/8122018815-56c6.html

 〇 早春の霊峰白山、お地蔵さんの清水、白山鳥越の太陽光発電所、とは(2017.3.15):http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-61d1.html

2019年1月30日 (水)

厳冬の水汲み〈1月27日)、体感温度-3℃!お地蔵さんの清水、杉森、白山市、石川県(2019.1.30)

 先日〈1月27日)、白山の麓は気温0~5℃、体感温度-3~1℃と寒い中、いつものように、杉森のお地蔵さんの清水を汲みに行きました。

 暖冬傾向の今年は、例年に比べて積雪は少なく数10㎝ほどでしたが、勢いよく清水が流れ出ていて、アッという間にペットボトルが一杯になりました。

-

P1272550_2
-
P1272534_2
-
P1272529_2

-

-

P1272542

杉森のお地蔵さんの清水、杉森町、白山市、石川県 2019.1.27

-

(Link)

 〇 年末寒波、降雪中の走行(12月28日)、白山麓、県道44号線沿いにパトカー! 杉森地蔵水の湧き水、白山市、石川県(2018.12.29): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/12284420181229-.html

 〇 杉森のお地蔵さんと湧き水(1月18日)、白山山麓の雪解け水、杉森地域の湧き水を守ってくれるお地蔵さん、すぐ近くの神子清水、とは(2015.1.24): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-a235.html

(追加資料)

〇 石川県内  2019年1月 少雪 暖冬で平年の2~4割  

1月の石川県内の降雪量は、各地で平年の2割から4割ほどの少なさだったことが分った。金沢など3つの観測地点でこの10年で最少となった。1月は例年、降雪量が1年で最も多い時期だが、暖冬傾向が表れた。

金沢地方気象台によると、金沢の降雪量は24㎝で、1月の平年値(1981~2010年の平均)119㎝の約20%であった。過去には2007年1月に0㎝の記録があるが、2010年からの10年では最も少なかった。他の地点は、輪島20㎝(平年の約24%)、珠洲38㎝(同約35%)、白山河内109㎝(同約46%)。

ただ、雪やみぞれなどを観測した「雪日数」は金沢で20日あり、平年の19.1日と変わらなかった。そのほか、1月の金沢では、雷日数は平年と同じ7日。平均気温は4.4℃と平年より0.6℃高く、降水量は192㎜で平年の71%ほどだった。1カ月予報によると、北陸地方は2月も気温は高く、降雪量は少ない見込み。(北陸中日新聞、2019.2.2)

2018年12月 3日 (月)

白山麓の湧き水、杉森地蔵水と白山の雪化粧(12月2日)、鳥越地域、白山市、石川県、金沢の初雪(12.8)、とは(2018.12.3)

 昨日(12月2日)白山麓の能美市は、晴れ、気温3~16℃と少し寒かったが、2週間ぶり、心身の健康にと、鳥越の白山麓の湧き水、杉森地蔵水を汲みに行きました。 

 その帰途、鳥越地域(河内)の県道わきに停車し、雪化粧した霊峰白山と山麓の晩秋の風景を、しばらく眺めて愉しみました。

〇 杉森地蔵水

Pc021851

Pc021866

Pc021865

Pc021864

Pc021861

白山麓の湧き水、杉森地蔵水、鳥越地域(杉森)、白山市、石川県 2018.12.2

〇 霊峰白山

Pc021878_2

Pc021887

Pc021879

Pc021874

Pc021867

雪化粧した霊峰白山、鳥越地域(河内)、白山市、石川県 2018.12.2

(Link)

〇 白山の雪化粧と杉森地蔵水(12月4日)、白山市、石川県、とは(2016.12.10):
http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-8c4b.html

(追加資料)

〇 金沢で初雪を観測 2018.12.8

  12月8日朝は各地で厳しい冷え込みとなり、最低気温は輪島市三井で0℃、七尾で1.3℃、金沢で3.8℃、能美市で4.0℃などとなりました。  こうした中、金沢市西念3丁目の金沢地方気象台は、気象台の構内で、8日午前3時に、初雪(雨と雪の混じったみぞれ)を確認したと発表しました。去年よりも19日遅く平年と比べても9日遅い。

 

 

2018年9月10日 (月)

杉森地蔵水(すぎのもりじぞうすい)(9月9日)、秋雨前線の大雨が降る中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.9.10)

 北陸地方は、台風21号〈9月4日)の後、停滞する秋雨前線の影響を受け、ここ数日は不安定な天気で、大雨警報も出ていました。  

が、昨日〈9月9日)、杉森地蔵水を汲みに行ったところ、久しぶり、溢れんばかりの湧き水が、どうどうと流れ出ている光景が、目に飛び込んできました

〇 杉森地蔵水

P9090080_2

P9090097

P9090090

P9090091

P9090092

白山麓の湧き水、杉森地蔵水、白山市杉森町、石川県、2018.9.9

(Link)

〇 白山麓の湧き水、杉森地蔵水(5月27日)、白山市、石川県、とは(2018.5.28):http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/5272018528-b648.html 

〇 神子清水(みこしみず)(8月12日)、猛暑が続く中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.8.15): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/8122018815-56c6.html

2018年8月15日 (水)

神子清水(みこしみず)(8月12日)、猛暑が続く中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.8.15)

 先日(8月12日)、久しぶり、白山麓の雪解け湧水(伏流水)、杉森地蔵水(すぎのもりじぞうすい、杉森町)を汲みに行きました。が、ここ1ヶ月ほど晴天と猛暑が続いたためか、いつもの湧水の勢いが見られませんでした。

 そこで、杉森地蔵水から5分足らず、少し山手にある、神子清水(みこしみず、神子清水町)を汲みに行きました。が、ここも、連日30℃を超す晴天で湧水量は少なくなっていました。

  この水は地元の方が農産物を洗ったり、飲料水として使っています。昔は、楮(こうぞ、クワ科)から相滝紙(あいたきし、相滝町)を漉(す)いていました。

〇 子清水

P6107586

P6107585

P6107592_2

神子清水(みこしみず)、神子清水町、白山市、石川県、2018.8.12

和紙を漉いてみたよ(相滝紙、あいたきし、白山市立鳥越小学校、2016.12.2):
http://cms1.ishikawa-c.ed.jp/~torige/NC2/htdocs/index.php?page_id=0&block_id=75&active_action=journal_view_main_detail&key=jotdz3pi8-5&post_id=1420&comment_flag=1

(Link)

〇 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/201631-c911-1.html

2018年5月28日 (月)

白山麓の湧き水、杉森地蔵水(5月27日)、白山市、石川県、水のクラスタ―伝搬する誤解、とは(2018.5.28)

 昨日(5月27日)金沢は、気温15~25℃、五月晴れに恵まれ、心身の健康に繋がるかと、白山麓の岳峰が水源の湧き水、杉森地蔵水を汲みに行きました。

 自然の湧き水は、水道水に比べ、小さい水の分子集団の存在の割合が多く、水の活力が強くなり、美味しく、健康にも良いと言われています。

 杉森地蔵水は、水温15℃前後で、絶えることがなく、お地蔵さんが祀られ、昔から生活のため、また命の大切な水として、地元の住民により大切に守られ、使われています。

P5276345

P5276340

P5276343

P5276344

杉森地蔵水          石川県白山市、鳥越地域、杉森 2018.5.27

(Link)
 
〇 白山麓、杉森地蔵水の湧き水(11月26日)、白山市、石川県、とは(2017.12.2): 
http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/11262017122-b9d.html

(参考資料)

 〇 水のクラスタ―伝搬する誤解―(お茶の水女子大学大学院人間文化研究科富永研究室、2010年富永教授定年退職、天羽編集記録): http://www.cml-office.org/atom11archive/water/water_cluster.html

(はじめに)
 最近、食品や化粧品の会社の技術者から、「クラスターの小さい水を使うといい製品ができるのでしょうか」「磁気処理水って、クラスターが小さいという話ですが、どうなんですか」という質問を相次いで受けた。これに対して私は、「液体の水のクラスターをちゃんと測定した実験は今の所ないので、クラスターを指標にするよりは水の不純物の分析をして成分で押さえた方がいいですよ」という内容の返事をした。

 私が、「クラスターの小さい水はおいしい」という話を最初に知ったのは、修士に進学した直後だった。それからしばらくして、その話の根拠となったNMRの測定は誤りであるという話を研究会できいたので、もうそんな話は消えただろうと思っていたのだが、一度広まった話はなかなか根強く残っているようである。

 このウェブページを作るにあたって、企画の1つとして、水関係の変な話をとりあげてツッコミを入れようということを考えた。そこで、浄水器や活水器のウェブページをながめてみたら、結構な数のページが「クラスターの小さい水はおいしくて体によい」という話を掲載していた。このままでは、水のクラスターの話は伝わり続けると予想される。 そこで、この話の発端とその後の顛末について、私の知る限りのことをまとめることにする。

 私の知っていることに誤りや足りない点があれば、ぜひご指摘ください。それを反映して、このページは随時改訂する予定です。 なお、文中の敬称は適宜略させていただいた。

 以下、発端、誘電緩和による評価、磁気処理水のNMR測定、NMR測定の正しい使い方、モデルの一人歩き、補遺:水の小集合体モデル、謝辞、以上の事柄が詳細に記述されている。(2018.6.1)

〇 名水(湧水)、自然界の水の循環、液体の水の構造(水素結合、クラスター、おいしい水)、名水百選(環境省)、とは(2012.11.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/20121122-8e22.html

2018年3月20日 (火)

仲春の霊峰白山(3月18日)、神々しい峰々、山麓の雪どけ田圃、杉森の溢れる清水、とは(2018.3.20)

 一昨日(3月18日)金沢は、朝方から晴れ、気温1~16℃、2週間ぶり、いつものように、白山のふもと、鳥越の杉森地蔵水の湧き水を汲みに行きました。

 その途中、仲春の霊峰白山の神々しい峰々(御前峰、剣ヶ峰、大汝峰)を遠望し、山麓の雪解けで田圃が一面黒土の稲田を眺め、また、杉森地蔵水の溢れる清水を目にし、その風景をデジカメに収めました。

〇 霊峰白山と山麓の田圃

P3183911

P3183912

P3183910

P3183909

P3183906

P3183908

P3183924

P3183918

P3183916

P3183902_2

P3183920

霊峰白山の神々しい峰々と山麓の黒土の田圃、鳥越、白山市、石川県、2018.3.18

白山連峰は真っ白ですが、山麓の白い雪野原は、すっかり雪が解けて、一面黒土の田圃が顔を出していました。

〇 杉森地蔵水の清水

P3183884

P3183889


P3183892

P3183891

P3183894

P3183898

P3183897

P3183896

杉森地蔵水の湧水、杉森、白山市、石川県、2018.3.18

山麓の雪解けも進み、杉森地蔵水の溢れる清水が勢いよく水鉢に流れ落ちていました。

(Link)

 〇 早春の霊峰白山(3月4日)、鳥越里山地域、お地蔵さんの清水と杉森集落付近の残雪、とは(2018.3.6): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/201835-3637.html

(追加資料)

〇 山岳信仰 女性に険しく 立山、白山 かっては禁制 、 廃止後も差別の歴史: http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/toku/tokuhou/CK2018042202100017.html

 女人禁制が解かれたのは、1872年(明治5年)。近代化を進める政府が、外国から女性蔑視と批判されたことや、宗教的な観念が薄れたことを理由に全国の山で女性が入れるように通知した。

 女性が山に登ることに批判や差別があった1873年(明治6年)、一人の女性が道を切り開いた。深見チエさん。記録には残っていないが、富山県内では初めて立山に登頂したとされる。

 白山に初めて女性(鳥取県)が登ったのは、禁制が解かれた明治5年とされる。同じ年に白山比咩神社の宮司となった狩谷竹鞆が「女人登山白山記並祭歌」という文章で言及。「うれしうかしこきわざ」と書きつづり、喜びの歌を詠んでいる。(北陸中日新聞、2018.4.22)

 

2018年3月 6日 (火)

早春の霊峰白山(3月4日)、鳥越里山地域、お地蔵さんの清水と杉森集落付近の残雪、とは(2018.3.6)

 一昨日(3月4日)石川県内は、快晴、4~20℃と暖かく、2週間ぶり、白山麓の鳥越里山地域の県道44号線を走り、杉森地域の湧き水を汲みに行きました。

 その途中、豪雪(2月7日)後の早春の霊峰白山を遠望し、また、お地蔵さんの清水と杉森集落の残雪を目にし、その光景をデジカメに収めました。

〇 霊峰白山と鳥越里山地域

P3043696_2

P3043695_2

P3043670

P3043669



P3043662

P3043729

P3043714

P3043731

P3043672

P3043739

P3043755

P3043754

早春の霊峰白山、鳥越里山地域の残雪、白山市、石川県、2018.3.4. 

白山連峰は真っ白、また、豪雪の影響で、鳥越里山地域の水田も一面に白い残雪で覆われていた。

〇 お地蔵さんの清水 と杉森集落付近


P3043680

P3043674


P3043688

P3043690_2

P3043694

P3043692

お地蔵さんの清水と杉森集落付近の残雪、白山市、石川県、2018.3.4.

 湧水の流れ落ちる水鉢付近や近くの道路脇には、豪雪の影響で、あちこち雪山や雪壁の残雪が見られた。 

(Link) 

 〇 白山麓、鳥越地域の豪雪の爪痕(2月18日)、杉森地蔵水付近、県道44号線沿い、鳥越里山付近の雪景色、とは(2018.2.24): http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/2182018224-8102.html 

 

 

2018年2月24日 (土)

白山麓、鳥越地域の豪雪の爪痕(2月18日)、杉森地蔵水付近、県道44号線沿い、鳥越里山付近の雪景色、とは(2018.2.24) 

 先日(2月18日)金沢は、気温-2~2℃、うっすら雪と寒く、白山麓の鳥越地域では、いっとき雪が散らつきました。が、豪雪(2月7日)後11日ぶり、杉森地蔵水の湧き水を汲みに行きました。

 水汲み後、豪雪の爪痕が残る、杉森地蔵水や杉森集落付近、息子が運転し金沢に帰る途中の県道44号線沿い、また、おいしいコシヒカリ米がとれる鳥越里山付近の雪景色をデジカメに収めました。

杉森地蔵水付近、県道44号線沿い、鳥越里山集落付近

 
P2183445_2
 
 
 
 
P2183447
 
 
P2183450
 
 
P2183452
 
 
P2183453
 
 
P2183463
 
 
P2183469
 
 
 
 
 
 
 
P2183476
 

P2183475

白山麓、鳥越地域の豪雪の爪痕、杉森地蔵水付近、県道44号線沿い、鳥越里山付近の雪景色、白山市、石川県、2018.2.18  

(Link)

 〇 豪雪、金沢の積雪87㎝(2月7日)、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が主因、石川県庁西近く、鞍月地域の雪景色、雪かき、雪紐、駐車場、とは(2018.2.11):  http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/8728-693f.html
 
 
フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

無料ブログはココログ