« 白山麓、雪中の水汲み(2月9日)、杉森地蔵水と集落田んぼ、鳥越里山地域、県道44号線沿いの雪景色、白山市、石川県(2020.2.10)  | トップページ | 2020年桜の開花予想、第1回(2月6日)、平年より早く、金沢では4月1日!日本気象協会(2020.2.11) »

2020年2月10日 (月)

立春過ぎ寒波、氷柱(2月7日)、朝 各地で氷点下! 金沢市、石川県 (2020.2.10)

 石川県内は2月7日、前日からの強い寒気と晴れ間の影響で、地表付近の熱が奪われる放射冷却により、各地で気温が氷点下となった。金沢と小松は、-3.7℃、能美地域は、-3℃~7℃(体感-6℃)など、寒さの厳しい朝となった。

 

 金沢地方気象台によると、観測の11地点のうち9地点で氷点下3℃以下で、今季一番の冷え込みを観測した。最も低かった輪島市の三井では観測史上2番目に低い-10.8℃を記録し、白山河内が-7.2℃と続いた。

 

202027_size01_20200210145601

厳しい冷え込みで、氷柱(つらら)になって凍る植え込み、金沢市駅西本町、石川県、北陸中日新聞、2020.2.8

 

 金沢市内の道路沿いでは、融雪装置から出た水を車がはね上げて植え込みなどにかかり、氷柱(つらら)状に連なる光景が見られた。 金沢気象台によると、冷え込みは9日まで続き、雪がぱらつく見込みという。

 

« 白山麓、雪中の水汲み(2月9日)、杉森地蔵水と集落田んぼ、鳥越里山地域、県道44号線沿いの雪景色、白山市、石川県(2020.2.10)  | トップページ | 2020年桜の開花予想、第1回(2月6日)、平年より早く、金沢では4月1日!日本気象協会(2020.2.11) »

● のと、かが(四季折々、能登半島、白山市、能美市、小松市、加賀市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白山麓、雪中の水汲み(2月9日)、杉森地蔵水と集落田んぼ、鳥越里山地域、県道44号線沿いの雪景色、白山市、石川県(2020.2.10)  | トップページ | 2020年桜の開花予想、第1回(2月6日)、平年より早く、金沢では4月1日!日本気象協会(2020.2.11) »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログへのリアクション