« 処暑(8月23日)、半野生化した帰化植物、コスモス、キバナコスモス、テッポウユリなどの花咲く光景、能美市、石川県、とは(2018.8.30) | トップページ | 杉森地蔵水(すぎのもりじぞうすい)(9月9日)、秋雨前線の大雨が降る中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.9.10) »

2018年9月 8日 (土)

寺田寅彦、天災は忘れた頃にやって来る! 昨今の日本列島は、天災は忘れる間もなくやって来る!地震はひずみ集中帯で発生、とは(2018.9.8)

 天災とは、広辞苑によると、暴風、地震、落雷、洪水など、自然界の変化によって起る災害のことで、特に稲作に大きな影響を及ぼす可能性のある5月から11月初め頃を天災期という。

天災は忘れた頃にやって来る」、この言葉は、寺田寅彦が、地震や台風、風水害などの天災予防の重要性を随筆で訴え、中谷宇吉郎が恩師の考えを広く紹介した警句という。

寺田寅彦(てらだとらひこ、1934年(昭和9年)、57才、東京、google画像) 寺田寅彦記念館(友の会公式HP、小津町、高知):http://toratomo.yu-nagi.com/index.html.

 関東大震災を経験した寅彦は、防災の指針ともなる、随筆「天災と国防」を記述し、政府は毎年9月1日を「防災の日」と定め、各所で防災訓練等が行われるようになりました。http://www.sei-inc.co.jp/bosai/1923/

 が、東日本大震災(2011.3.11)以降、熊本地震(2016.4.14)、先日の超大型台風21号上陸(2018.9.4)、北海道胆振東部地震M7(2018.9.6)など天地異変が続き、近年ではむしろ「天災は忘れる間もなくやって来る」というべき状況が続いているようにも見えます。日本の地震被害(気象庁): https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/higai/index.html

 忘れたころに来るのか、忘れる間もなく来るのか。次は何かを知るすべはありませんが、次も必ず来ることだけは確かです。 普段から、震災に対する備えを忘れないよう、心がけたいものです。

41412375_1151385245028502_489009265

北海道胆振東部地震災害、2018年9月6日

 このたびの平成30年台風21号〈9月4日)北海道胆振東部地震(9月6日)災害で、お亡くなりの方々には、心よりお悔やみを申し上げるとともに、被災に遭われたすべての方々にお見舞いを申し上げます。また、救命と救助活動において、作業のご無事と1人でも多くの方が救助され、被害が最小限におさまることを祈っています。

(Link)

〇 社説、天災は忘れる間もなく、週のはじめに考える、文明進むほど激烈に、相次いで発生する、減災の手がかり探せ(北陸中日新聞、2016.12.11) :http://editorial.x-winz.net/ed-35692

〇 天災は忘れた頃にやって来る、という天災予防の警句(寺田寅彦、物理学者、随筆家)、とは(2010.6.12): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/2010612-69fd.html

〇 巨大地震(活断層型、海溝型)、活断層研究(地道に発展50年)、地震学(基礎段階、予知の理想と現実に悩む)、とは(2013.4.20): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-82cc.html

(追加資料)

〇 地震は「ひずみ集中帯」で発生

 歪集中帯(ひずみしゅうちゅうたい,wikipedia)とは、長期的に見て、地殻変動による歪みが特に集中している地域のことである。日本では、1990年代以降にGPSによる精密な測地が可能となったことにより、その存在が明らかとなった。主な歪集中帯として、新潟-神戸歪集中帯日本海東縁部の歪集中帯がある。

ひずみ集中帯(wikipedia): https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AA%E9%9B%86%E4%B8%AD%E5%B8%AF

ひずみ集中帯の重点的調査観測、研究プロジェクト(防災研): http://www.hizumi.bosai.go.jp/

ひずみ集中帯の解明を目指して(地震本部): https://www.jishin.go.jp/resource/column/2011_1103_01/

ひずみ集中帯(地震本部): https://www.jishin.go.jp/resource/terms/tm_tectonic_zone/

ひずみ集中帯(日本地震学会): http://www.zisin.jp/publications/pdf/nf-vol99.pdf

〇 日本海溝沿い海域 30年以内に大地震 調査委が予測改訂 2019.2.27

 政府の地震調査員会(委員長・平田直東京大教授)は2019.2.26日、東北-関東地方の日本海溝沿いの海域で、今後30年間にマグニチュード(M)7~8の大地震が起きる可能性が高いとする予測を公表した。http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019022702000097.html

302019227

 平田委員長は「大震災があったので、しばらく大きな自信は起きない、とは考えないで欲しい」と警戒を呼び掛けた。(北陸中日新聞、2019.2.27)

 

« 処暑(8月23日)、半野生化した帰化植物、コスモス、キバナコスモス、テッポウユリなどの花咲く光景、能美市、石川県、とは(2018.8.30) | トップページ | 杉森地蔵水(すぎのもりじぞうすい)(9月9日)、秋雨前線の大雨が降る中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.9.10) »

● 人物(暁烏敏、泉鏡花、泰澄大師、寺田寅彦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 処暑(8月23日)、半野生化した帰化植物、コスモス、キバナコスモス、テッポウユリなどの花咲く光景、能美市、石川県、とは(2018.8.30) | トップページ | 杉森地蔵水(すぎのもりじぞうすい)(9月9日)、秋雨前線の大雨が降る中での白山麓の雪解け湧水(伏流水)、白山市、石川県、とは(2018.9.10) »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ