« 晩春の桜、八重桜並木、兼六園菊桜(4月16日)、石川県庁南入口の遊歩道沿いの八重桜並木(7種)、県民の杜の遊歩道沿いの菊桜〈3種)、とは(2018.4.17) | トップページ | 日本三名山のもう一つの顔、立山で日本初の「氷河」、白山で日本最西端の巨大樹氷「アイスモンスタ-」を確認、とは(2018.4.24) »

2018年4月20日 (金)

雪の大谷ウォーク、17mの雪の壁(4月16日)、立山黒部アルペンルート、北アルプスの富山、長野両県を結ぶ山岳観光ルート、とは(2018.4.20)

   雪の大谷ウォークが4月16日、北アルプスを貫き、富山、長野両県を結ぶ、立山黒部アルペンルート(全長37.2km)の立山室堂平(標高2450m)付近で始まった。 

 

  厳冬期の1月30日から除雪がスタート、19台の除雪機械を使って、今季も17mの高さの雪の壁ができた。観光客は、高くそびえる雪の壁の迫力や、青空とのコントラストを楽しんだ。

 

-

 

雪の大谷ウォーク、17mの雪の壁

 

-

 

20184

 

除雪が進む立山黒部アルペンルート、本社ヘリ「おおづる」から撮影、富山県立山町、2018.1.26 (北陸中日新聞) 

 

 立山室堂の積雪は、1月19日には7.45mに達し、除雪された跡は、曲がりくねった道が天に昇る竜のように、雪原にくっきりと浮かび上がっていた。

 

-

 

2018417

 

雪の大谷を散策する観光客、立山黒部アルペンルート、富山県立山町、2018.4.16 (北陸中日新聞)

 

 観光客は、照り返しを避けてサングラスをかけて写真を撮ったり、雪の壁に触れたりしていた。アルペンルートは、立山ー扇沢(長野県大町)間の37.2kmを、ケーブルカーやバス、ロープウェーで結ぶ路線。

 

-

〇 北アルプスの立山連峰を貫く観光路「立山黒部アルペンルート」が開通した富山県立山町の室堂(標高2450m)付近は2019年4月16日、除雪でできた巨大な雪の壁を散策する「雪の大谷ウォーク」が始まった。観光客は降り積もった圧倒的な雪の量に驚きながら、春の山岳風景を楽しんだ。

 壁の高さは最高地点で約16m。富山と長野を結ぶ同ルートは15日に全線開通したが、立山町の美女平(977m)と室堂を結ぶバスが悪天候で運休し、雪の大谷ウォークも中止となっていた。ウォークは6月22日まで。運営する「立山黒部貫光」(富山市)は、11月末までのルート営業中に百万人の利用を目指す。(北陸中日新聞、2019.4.17)

 

(Link)

 

 〇  初冠雪(2017)、日本三名山、富士山(10.23)、立山(10.17)、白山(10.26)、とは(2017.10.27 ): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/3201710-9681.html

 

 

 

 

« 晩春の桜、八重桜並木、兼六園菊桜(4月16日)、石川県庁南入口の遊歩道沿いの八重桜並木(7種)、県民の杜の遊歩道沿いの菊桜〈3種)、とは(2018.4.17) | トップページ | 日本三名山のもう一つの顔、立山で日本初の「氷河」、白山で日本最西端の巨大樹氷「アイスモンスタ-」を確認、とは(2018.4.24) »

● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園、立山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩春の桜、八重桜並木、兼六園菊桜(4月16日)、石川県庁南入口の遊歩道沿いの八重桜並木(7種)、県民の杜の遊歩道沿いの菊桜〈3種)、とは(2018.4.17) | トップページ | 日本三名山のもう一つの顔、立山で日本初の「氷河」、白山で日本最西端の巨大樹氷「アイスモンスタ-」を確認、とは(2018.4.24) »

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

無料ブログはココログ